人間の尊厳のために

 キリストは、一人の子供を抱きあげて言われた「この子供のようになる人が天の国で一番偉いのだ」と。
 カトリック神言修道会を、設立母体とする三つの南山学園は、「人間の尊厳のために」という教育目標を持って人間の一番基本的な望みに応えようとする聖書の精神にしたがい、南山幼椎園でも、子供の一人ひとりの人格を認め、かけがえのない存在として大切にし、愛の内に成長をさせて立派な人になるように最善を尽します。
 当学園の創立者ヒルバード・ウイゼン帥は子供の心身健やかな成長を考えて南山ファミリーを設立しました。
人間の尊厳のために

長崎南山第二学園理事長
ジェブーラ・エウゲニウス司祭

こども園と同じ敷地に、高いレベルの教育、優れたサッカーチームとコーラスを誇る南山小学校、そして心を清くして愛を育てるためにカトリック西町教会を建てました。
この学園の子供達のご家族の皆様も南山ファミリーとして歓迎致します。
カトリック西町協会