ホーム > よくある質問

よくある質問

お問合せの多いご質問に関する回答をご覧いただけます。お問い合わせの前にぜひご参照ください。

長崎南山小学校の特色はどんなことですか?
学校案内の7つの特色を基本に、キリスト教の愛の精神で全職員が一人ひとりの子どもに心を留め、大切に教育しています。自分をゆっくり見つめるお祈りのひとときがあり、落ち着いた生活ができます。また、学年の枠を越えて、だれとでも仲よく交流ができるような取り組みも種々あります。
長崎南山小学校ではどのように学習していますか?
2020年度からの大学入試制度の変更に伴い、「思考力・表現力・判断力」が更に求められるようになります。また、新学習指導要領によっても、楽しく学び一人ひとりの資質・能力を伸ばす授業が求められています。
南山小学校では、平成23年度より「学び合い学習」に取り組み、「思考力・表現力・判断力」の向上につながる、主体的・対話的で深い学びのための授業研究を行っています。
公立の小学校でも英語の学習が行われていますが?
平成23年度の学習指導要領の改訂により、外国語活動として公立学校でも5・6年生で英語を学習するようになりました。南山小学校では創立当初より英語の指導に力を入れており、現在は低学年は週1時間、中学年は週2時間、高学は週3時間英語を学習しています。低学年では、英語専科の先生が歌や遊びを通して英語に慣れさせること、中学年からは3名のALTの外国人講師も加わって英語の基礎力を付けさせることを中心に指導しています。
また、いろいろな国の神父様方との日常の交流でも自然に国際感覚を身に付けています。
入学当初、学校生活で子どもが不安にならないでしょうか? 
入学後、6年生と1対1のペアを組み、お兄さんお姉さんたちが1年間を通してお世話をします。休み時間には仲よく遊んだり、遠足ではいっしょに手をつないで歩いたりして、一生懸命気を配っています。1年生は、喜んでお兄さん・お姉さんたちと過ごしています。この1年生と6年生の「南山兄弟姉妹の制度」は南山小学校の伝統になっており、6年生が卒業してからも手紙を交換したり学校に来て近況を話したりするなど、深いつながりができています。
土曜日も授業はありますか?
南山小学校では第1土曜日、第3土曜日を基本に午前中授業をしています。
放課後、学校に残って勉強することができますか?
希望者には図書室で「南山のびのび教室」を開いています。担当の職員がついてお世話をしています。放課後6時まで、不得意科目の克服のため、また、宿題を完成させたいと希望する子どもたちが自由に集まっています。スクールバスやお迎えの時間まで学習しようという子どもたちも利用しています。4時30分までは無料ですが、それ以降は1回100円になっています。
夏休みや冬休みも「南山のびのび教室」はありますか? 
最近は、両親共に働いている家庭が多く、長期休業中には、子どもたちだけが家に残るようなことが多くなってきています。両親にとってはたいへん心配なことだと思います。そこで、夏休み、冬休み中は、土・日とお盆、年末年始を除いて学校を開放し、午前8時10分から午後6時まで教職員が学習や遊びのお世話をしています。
課外クラブにはどんなものがありますか
サッカー部、コーラス部があります。
サッカー部には1年生から入部でき年齢や能力に応じた指導を行っています。全日本少年サッカー大会や各種の大会に参加し、数々の優勝、入賞の成果をあげています。2002年のワールドカップにはOB14名がボールキッズに選ばれました。平成16年度は全日本少年サッカー大会長崎県大会に出場し準優勝することができました。また、平成24年度は10年間参加し続けた九州産業大学学長旗カップで優勝、東シナ海リーグでも優勝するなど、好成績を収めています。また、Jリーガーも排出しています。
コーラス部では、2004年から毎年チャリティーコンサート(アフリカ・フィリピン・イスラエルとパレスチナの子どもたち、インド洋沖・台湾・ハイチ・東日本大震災などで被災された方々へ)を行っています。歌を通した出会いを大切にしています。
【祝日のミサでの聖歌奉仕の他、吉永小百合原爆詩朗読会・国内外の演奏家の方々と共演(フライタークアカデミー室内管弦楽団・ローザンヌ声楽アンサンブル・ルクセンブルグ少年合唱団・ブレストサクラメント大聖堂合唱団オーケストラ・ソウル神学大学校・日本フィルやウィーンの演奏家など)長崎県学校文化活動奨励賞受賞・長崎市長特別表彰・平成23年TBSこども音楽コンクールにて文部科学大臣奨励賞(2度目の日本一)受賞。】
学校給食はありますか?
完全給食を実施していますが、箸やスプーンは各自持参するようになっています。
アレルギー対応の給食も実施しています。
卒業生はどのような中学校に進学していますか? 
本校は進路指導にも力を入れています。卒業生は、長崎南山中学校(兄弟校)、純心中学校、海星中学校、活水中学校、青雲中学校などの私立中学校や長崎大学教育学附属中学校、長崎県立東中学校、地元の公立中学校にも進学しています。
昨年度受験した児童の主な合格の様子は、南山中9名、純心中3名、青雲中10名、附属中9名、長崎東中3名などです。
安全対策はどのようにしていますか?
校門には常時警備員が立ち、学園を訪れる人の確認を行っています。また、学園内に警備保障会社と直接につながっている非常ボタンと県警に直接つながっている非常通報装置があります。万一非常事態が発生した場合、各階にある非常ボタンを使って緊急サイレンを鳴らし、学校全体に事態を知らせ、児童が避難できるようにしています。同時に警備会社は即刻対応(110番、119番通報など)します。
スクールバスはありますか?
畝刈・滑石方面や時津・長与方面、女の都・本原方面にスクールバスが出ています。学校まで安全に通学できます。
Aコース 女の都→昭和町→本原→医学部前→市民プール前→南山小
Bコース 時津JA→長与町役場→サニータウン→北陽台団地→高田越え→泉町→南山小
Cコース 寺川内→光風台→畝刈→鳴鼓トンネル出口→横尾→虹が丘→岩屋中→南山小
※Cコースでは28年度から下校のみさくらの里まで運行しています。